延し厚を測る(2)

2010年09月12日 22:15

 昨日完成した「麺生地厚み測定器」を実際に使ってみました。
 一応、性能を発揮しており、実用に供し得るものと思われます。
 一応と書きましたのは、ちょっとして不具合がありまして、測定直後に値を読み取るために麺生地から引き抜いた時、針が麺に引っかかっって、値が変化しやすいことです。
 
 従って、確実な使用方法としては、次のようになります。

 ①0点を設定した後は、ボタンに絶対に触れない。(触れさえしなければ、針をどんなに動かしてもOK)
 ②計測する時は(ボタンに触れないようにして)軽く差し込み、その状態で値を読み取る。

 このゲージの用法の位置づけとしては、厚さを視覚や触感で読み取る力をつけるための練習補助具です。
 そば打ちの作業中に、ぷつぷつ、ぷつぷつと、しょっちゅう麺生地を突き刺すのはかっこ悪いですからね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mokuyokai.blog18.fc2.com/tb.php/40-4570d44b
    この記事へのトラックバック


    最新記事