四つ出しの一辺が厚くなる…。

2014年08月28日 22:13

 先日、同僚のHさんから四つ出しについて質問を受けました。
 一般的に、四つ出し後は矩形の各辺付近が厚くなっていますが、それはそれとして、一つの辺の厚さがその反対側の辺の厚さよりも厚くなる傾向があるというのです。
 Hさんが作製した図が下の図です。
yotudasi_atumi_henzai.jpg
 
 「2」を最初に巻き込んで巻延しをした後、「1」を巻き込んで巻延しをし、以下「4」と「3」に同じ作業をした結果、「3-1の辺」側が相対的に厚くなる傾向があるという訳です。

 こうなる原因は、おそらく次のようなことにあるのではないかと思われます。

推定原因①
 「2」の巻延しの際、完全に巻き取り終わって加圧を始めるのではなく、「2」を巻き取りながら同時に加圧をしている。先日、作業状況を見せて貰いましたが、その傾向があります。
 <説明>
 このような作業の仕方をしている人が多く見かけられます。
 作業をとにかく早く進めようという考えなのかもしれませんが、こうすると厚みは相対的に「2」側が薄く、「1」側が厚くなります
 同様のことが「4」と「3」にも言えますから、結果的に「3-1の辺」側が厚くなる訳です。
 ただし、「1」と「3」の時に「2」と「4」の時とまったく同じこと(力の入れ方と回数をまったく同じにする)を行えば全体の厚みは均等になります。しかし、おそらく次の②に示すようなやり方が行われるので、厚みの偏在は修正できないままになってしまいます。

推定原因②
 「2」(及び「4」)の巻延しだけで、角出し作業を終わらせようとする作業のやり方をしている。(その結果「1」と「3」は簡単に済ませてしまっている。)
 <説明>
 一般的に我々の作業はこの傾向があります。プロのやり方をまねして(目標にして)、「できれば四つ出しを2回で済ませよう」とする訳です。そこまでいかなくと、1回目の巻延しで大体終了させ、反対側から巻延しは軽く調整程度にするというやり方になていることが多いように思います。
 ①のような作業ををやった後に、これを行うと図のような厚みの偏在がほぼ確実に残ってしまいます。

 以上のように、①と②を組み合わせると完全に片側に厚みが残ります。
 ①をやる限りは、程度の差はあっても通常②のやり方で延しますから、多かれ少なかれ片側に厚みが残ってしまいます。

 では、こうならないためには、どうしたらよいでしょうか。
 答えは、もうおわかりでしょうが、
対策① 巻延しは、完全に巻き取ってから開始する。
対策② 一つの対角線に関して、一回で終わらせようとせず半量づつで完成させる(下の記事にも関連します)
 です。

 ついでながら、もう一つ。
 以上で書いたのは厚みが非対称になるということですが、形状についても同じことが言えます。
 これは、ここ(「四つ出しの、力の入れ所と入れ具合」)に書いた通りですが、一回の角出し作業において、「内側に巻き込んでいる部分」と「外側になっている部分」の角の形状を比較すると、内側に当たる角は丸みを帯び、外側に当たる角は丸みが小さい傾向になります。
 従って、全体としては次図のようになります。
四つ出し形状の偏り

 これには、反論(「内側の方が圧力が大きくなるから、内側の方が尖るのではないか」等)があると思います。そうではないと私は思うのですが、今のところ、はっきりしたことは言えません。 
 いずれにせよ、内側と外側では条件が異なりますから形状は非対称になり勝ちです。
 これを解決するには、上に書いた「対策②」と同じ処置をすれば良い訳です。
角出し非対称

 この場合、「一方からの延しの長さは最終予定量の1/2で止めて、反対側からの延しで、残り1/2相当分を伸ばし、合わせて最終予定量にする」という考え方にするのが良いと思われます。
 
 
 四つ出しは、良く分からないことが多いのですが、その割には全体の作業の中でも、作業効率を左右する非常に重要な部分です。
 今後、もう少し調査を深めたいところです。


追記;
 Hさん、四つ出しを終わって、片側が少し厚くなっているという点に気が付くなんて、凄い。
 



コメント

  1. ゴンゴロ | URL | -

    何時も四つだしには苦労しています。
    興味ある課題でとても参考になります。
    それより私は四角くならないので苦労しています。

  2. 管理人 | URL | G5Zeud3U

    四つ出し

     確かに、素人そば打ちマンにとって、大きな課題は四つ出しですね。
     それでも、中にはきれいに作っている方もおられますから、できないことではないはずです。そういう方を見ていると、ルーチンを守って丁寧にやるというのがポイントのようです。
     わたしは、「手早く短時間で」を一つの目標にしていますので、「荒い」と良く言われます。そして、そのあとに「手延し」をしますので、ひんしゅくを買っています。
    http://mokuyokai.blog18.fc2.com/blog-entry-97.html

     でも、(最後のお味にどのくらい影響するのかなぁ)と聞こえないように独り言を言います。これは皮肉などではなく、本心です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mokuyokai.blog18.fc2.com/tb.php/205-d37a5567
この記事へのトラックバック


最新記事