平成21年度海上自衛隊観艦式

2009年10月26日 22:32

仲間のやすてる君、こじろう君らが海上自衛隊観艦式を見学してきました。
観艦式は3年に1度という、なかなか見られない行事です。
 本番は、25日(日曜日)で、21日と23日が予行でした。
やすお君らが見学したのは、21日の予行でしたが結果的にはこの日がもっとも天候が良く、大変ラッキーだったと思います。

 また、乗艦したのは本観艦式の観閲艦「くらま」でした。本番当日には、自衛隊の最高指揮官である総理大臣が観閲官として座乗される艦(ふね)です。ですから、この艦を中心にしてすべての行事がくみ上げられています。正確には、「くらまの艦尾に掲揚されている軍艦旗」が受閲する全艦艇・航空機の行動の基準点になっています。これらの艦艇・航空機が「くらま」の正横を通過する時刻 (秒単位で決められている) や、占位位置 (方位・距離) は、この軍艦旗が基準なのです。

 本番の25日には鳩山首相は乗艦せず副総理が観閲官を代行しました。
 首相は、己が指揮を執る海上自衛隊の実力を実際に見聞する機会を失った訳ですが、隊員にとってもご本人にとっても本当に大きな損失であったと思います。

 当日の写真は、私(書記長)の知り合いのホームページに要領よく掲載されていますので、それをリンクしておきます。

  http://homepage3.nifty.com/silver_sakai/kankansiki-2009.html

 威風堂々の艦艇の様子が見られます。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mokuyokai.blog18.fc2.com/tb.php/2-3440e8a5
    この記事へのトラックバック


    最新記事