--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺幅スケール(名刺印刷用)

2014年03月14日 13:41

 切り終わった麺の幅を測定するスケールを作ってみました。大きさは名刺大で、紙に印刷して使います。
 ものは、下の写真です。
 名刺カード用のシートに印刷した様子です。
麺幅スケール2

 通常、私たちは「麺の断面を〇ミリ角にする」ということを目標にして作業をしている訳ですが、厚みに比べて幅を測定するということはあまり行われていないようです。
 というのは、麺の厚みの場合は、測定しながら調整していくというリアルタイムのやり方になりますから、こちらはてっとりばやいので手軽ですが、一方、麺の幅の場合は切り終わった後に測定し、次の回に調整するという遅れ(ラグ)があるので、ついつい面倒だということがあるのかもしれません。また、厚みが分かっていれば、切った後の形で、サイズの良し悪しが大体判定できますから、わざわざ用具を使って測定する必要はないということかもしれません。

 麺の幅を手軽に測るには「クラックスケール」という土木工事用の物差しが使われるようです。本来は、コンクリート壁などに発生した「ひび」などの幅を測るものです。
 これを、今回名刺の裏に印刷して使えるようにしてみました。作るに当たっては0.1mm単位の精度をいかに出すかに少し苦労をしました。その内容に興味のある方は、この記事の下半分を見てください。
 精度ですが、このスケールは、切り作業の途中に、サッと出してパッと測るという使い方ですので、それには耐え得るそこそこの程度になっていると思います。


 <使い方>
 ↓ここに2種類アップしていますので、お好きな方を印刷してください。(クリック)

 ① そば&とおく」の宣伝入りのもの
 ② スケールだけのもの

 文具店や百均ショップで売っている名刺カード印刷用のシートに印刷すればピッタリになるようにしています。貴方の名刺の裏にでも使ってください。 (上の写真を参照)
 また、普通紙に印刷して適当にカッターで切り取っても良いです。この際は、厚手の良質の紙を使てください。
 (PDFにする手もあったのですが、実際に印刷して比べてみると幅がやや太くなっていましたので、PDFにはしませんでした。)

 以上のように実際印刷してご利用して頂くのも良いし、私を見かけて声を掛けて頂ければ、出来上がりのものをすぐに差し上げます。(しばらくは常に携帯しています。)


<このように作りました(興味のある方のみどうぞ)>
■ パソコン上の線の幅(pt)と実際の印刷上の線の幅(mm)とでは単位が違いますから、まずは、両者の関係を求める必要があります。つまり、「所望の線幅を印刷するためにはパソコン上での線の幅をいくつに指定すれば良いか」ということが分からなければならないからです。

■ パソコンソフトは使い慣れたパワーポイントを使用することにしました。
 (パワーポイントでは、線の幅は「pt」という数字で指定することになっています。)

■ 作業は次のような順序です。
①パワーポイントで下の写真のような線を描き、印刷したものをノギス(0.05mm)で測りました。パソコン上の「pt」と印刷紙上の「㎜」との関係を求めるためですから、測りやすいように太い線(10pt~100pt)を描きました。
麺幅スケール1


②両者の関係をグラフにしました。
 下のグラフの、赤い丸が測定点です。(例;赤矢印のように、40ptの場合、14.25mmです)
 黒の実線はその近似曲線です。「Y=3.5391x」という関係式が得られました。(エクセルを使いました。便利。)
年幅スケール3 印刷の線の太さをpptで指定するための計算

③あとは、この関係式に、印刷紙上に表示させたい線幅を入力して、パワーポイント上で指定すべきptを求めれば良い訳です。
     <結果例>
   1.0mm→2.83pt
   1.1mm→3.11pt
   1.2mm→3.39pt
      …
   2.0mm→5.65pt(図の青の矢印(ただし1/10))
      …

④これらのptを指定して線を描き、適当にレイアウトすれば出来上がり、ということになります。


※精度について※
 ノギスで測る程度の精度は出ていると思います。
 ただし、皆さんがそれぞれに印刷される際、それぞれのプリンターの印字ヘッドのスキャンの精度、紙送りの精度に影響を受けるかもしれません。しかし、我が国の電気製品の優秀さを考えれば、それはほとんど無視できると思います。



  追伸(26.5.24)
 PDF版を追加しました。
① 「そば&とおく」の宣伝入りのもの(pdf)
② スケールのみのもの(pdf)
 ※本文中には、PDFは印刷時に太くなるようだ云々と書いていますが、改めて比べてみるとほぼ差はないようです。


ブログランキングに参加してみました。
ちょっといいかも思った方は、クリックをどうぞ。

蕎麦(そば) ブログランキングへ


コメント

  1. なか@船橋 | URL | 4mtnq2yE

    麺幅スケール

    何時も楽しみに拝見させていただいています。
    なか@船橋と言います。
    麺幅スケール早速印刷し、使用させていただきます。
    ノギスで計測しましたが素晴らしい!

  2. 管理人 | URL | -

     ありがとうございます。
     苦労のしがいがありました。

  3. ゴンゴロ | URL | -

    麺幅スケール印刷

    印刷させていただきました、活用させていただきます。
    ありがとうございました。

  4. 管理人 | URL | G5Zeud3U

     ご利用ありがとうございます。
     使用後のご感想等、お知らせいただければ幸甚です。 

  5. 麺殿 | URL | -

    早速ですが、予約させて頂きます。

  6. 管理人 | URL | G5Zeud3U

    麺殿さま

    下をダウンロードして印刷して下さい。
    名刺カード印刷用シートに合わせてあります。

    (CM入り)http://etuko.sakura.ne.jp/menhabascale.xps
    又は
    (CMなし)http://etuko.sakura.ne.jp/menhabascale-2.xps

    今お使いの名刺の裏面をアレンジして、↑これを上書きで印刷すれば良いと思います。

  7. そばヲ | URL | -

    何時も大変参考にさせて頂いてます,,, が、私MACなので・・・

    恐縮です、掲題事情に付きPDFのD/Lが出来るとありがたいです。
     因に、精度に関しては自己矯正致します。。。
      宜しくお願いします、そばヲ 拝』

  8. 管理人 | URL | G5Zeud3U

    pdf版の追加

     そばヲ様

     本文の中にpdf版をリンクしました。
     改めて両者を印刷して比べましたが、弊方のプリンターでは差がないようです。
     ご活用ください。

  9. 管理人 | URL | G5Zeud3U

    pdf版の追加-2

     そばヲ様

     リンク張りのミスをしてました。
     現在、正常です。
     ご迷惑をお掛けしました。

  10. そばヲ | URL | -

    御礼!

    プリント出来ました! 掲題です!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mokuyokai.blog18.fc2.com/tb.php/191-d54d1e3a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。