--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜切り

2012年04月28日 14:30

 数年前の桜の時期でした。岩手のある蕎麦屋で普通の蕎麦粉に桜を練りこんだ蕎麦を食べました。
 ややしょっぱかったのですが、それなりの味と香りのする蕎麦でした。おいしいと思いました。
 この春、毎朝の散歩で個人的な花見をたっぷり楽しんだのですが、この桜切りを打ってみようと思いました。
 普通は、更科で打つのですが、私個人的に更科蕎麦は好みでありませんし、あの時の蕎麦も結構良かったと思いましたので、普通の蕎麦粉に練りこむことにしました。


 材料は、下の写真のものです。
 桜もち用の桜の葉の塩漬けです。
     sakura1.jpg

 産地は伊豆とされていまして、このあたりが主産地のようです。ここに製造の様子がアップされています。 桜の香りや味を付けるために何か加えてあるのかと思っていましたが、桜が持っている本来の味と香りのようです。
 ※材料は、この葉っぱを12枚、そば粉1k、割り粉0.2kの外二です。※


 そのままでは、塩味がきついので塩抜きをします。
 参考にしたネット情報では、一晩つけておく、などと書いてありました。今回は水を何回か替えながら、時々少し食べてみて、塩の抜け具合を見ることにしました。割とすぐに抜けるように思いました。
     sakura2.jpg


 葉脈の太いところを切り取ります。
  太いところが残っていると、麺線がそこから切れやすくなります。
     sakura3.jpg


 ペーパータオルで水分を吸い取って、刻みます。
     sakura4.jpg


 水回しの後半に刻んだ葉っぱを投入します。
 葉っぱを投入して、攪拌すると桜の香りがぷーんとします。
 写真は捏ね終わったところです。
 お茶の葉っぱが入っているような感じです。
     sakura5.jpg


 切りおわったところです。
 葉っぱも切れていますから、葉っぱを刻むとき、多少は大きくても大丈夫のようです。
     sakura6.jpg



 さてお味ですが、最初に食べるとき、ほのかに桜の香りと味がします。二口、三口と食べ進めると桜を感じなくなりました。また、岩手で食べたときのようなしょっぱさは、ほとんどありませんでした。岩手の蕎麦屋は、しょっぱさをわざと残したのかそれとも手抜きをしたのでしょうか。または、葉っぱの量がもっと多かったのかもしれません。そういえば、桜の味と香りも、もう少し強かったようです。

 
 道場で、上の作業をしていると、早速、後ろからあれこれと声が掛かりました。「蕎麦の味が負けてしまって、蕎麦がもったいない」というコメントもありましたが、「いろいろと好きにやって、いいんじゃないの」というのが、概ね大勢であったようでした。
 味はまさに個人の好みですから、それで良いわけです。
 でも、わたし、これいいと思いますねぇ。
 すでに散り終えた今年の桜を思い出しながら、ほのかな香りを楽しませてもらいました。

    
         ゆく春を そっと偲んで 桜切り


 さ、季節は初夏。
 夏がそこまで来ています。
 次は、大根おろしをたっぷり入れた、おろし蕎麦だーっ。




コメント

  1. なま | URL | -

    季節を味合うのは美味しいですね

    初めまして
    1年前から訪問させて頂いていますが、初めてコメントします

    質問です
    今でも、鍔屋の『NHK手打ちそば30mm教室モデル』をご使用ですか?

    初段に合格し、今年2段、来年3談を受けるつもりです
    仲間から、道具を揃えるように勧められていますが、包丁で悩んでいます

    是非、4段合格者の体験を聞きたく、コメしました。
    よろしく、ご回答願います

  2. 管理人 | URL | StKs6Fj6

    包丁のこと

     なま様、ご訪問ありがとうございます。

     早速ですが、鍔屋の包丁は今も愛用し続けています。

     この包丁は、蕎麦打ちを始めたときに購入したものです。
     これを選んだ理由は、「かないまる」さんのご推薦によるものです。
     (http://kanaimaru.com/soba/d4.htm
     「かないまるさ」さんの他の記事(実証的、科学的です)を読んで、ここに書いてあることが信頼できると判断しました。

     ただ、今は「かないまる」さんも高級包丁に替えられているようですね。(http://kanaimaru.com/soba/c8.htm
     この記事の中でも、モリブデン鋼の包丁を「入門用そば包丁の名作と断言できます」と言っていまして、新しい包丁にしたことを、「道具道楽モードに入っちゃったかな…(^^;)。」などと言っておられます。つまり、高級品は(本来の所要よりもむしろ単なる)道楽の範疇に近い、ということなのでしょう。

     私は、「かないまる」さんの言うとおりだと思います。
     確かに、高級包丁(10万円級)は切れ味がよく、麺帯をスーッと抵抗なく押し分けていく感じがして、道具の力を感じます。それなりの価値があります。

     でも、前にも書きましたが、結局は費用効果性をご自身がどう考えるか、ということだろうと思います。
     (http://mokuyokai.blog18.fc2.com/blog-category-2.html

     私としては、この包丁の性能で十分と考えています。
     また、手入れをしっかりすることで手入れをしない高級品に優ることができる訳ですので、そちらでカバーすればいいや、とも思っています。(といいながら、余裕があれば、手にしたいですけどね。)

     なま様は今初段だそうですが、「かないまる」さんが書いているように「入門用そば包丁の名作」をもう少し使いこまれても良いのではないかと、私には思えます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mokuyokai.blog18.fc2.com/tb.php/123-5a2ff91e
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。