水回し、練り、切りのこと(段位大会の講評から)

2010年02月28日 22:37

 本日は「全麺協素人そば打ち段位認定埼玉大会(三段)」の2日目が行われました。例によって、作業員で参加しました。
 今回の合格率は約50%で、いつになく厳しい採点でしたが、この程度の厳しさが無くては、ありがたみも薄くなり、挑戦意欲も湧かず、合格の喜びや不合格の悔しさも感じにくくなるのではないか、と思います。
 審査員長は、上野「藪そば」三代当主鵜飼良平氏でしたが、最後の講評の中で次のようなお話がありました。
[ 続きを読む ]


最新記事