日本そば大学講座北海道支部學舎in北竜;第4講座「理屈屋のそば打ち」

2017年10月23日 13:48

 随分、間が空いてしまいました。m(_ _)m

 10月22日(日)、北海道雨竜郡北竜町で行われた、そば大学で約1時間の講演を行いました。
 当日、資料の配布ができませんでしたので、以下に使用スライド(PDF)と動画2点をアップします。ご参考にどうぞ。
[ 続きを読む ]

時間短縮(作業効率)

2013年08月12日 12:44

 本ブログの読者の方から、時間短縮についての質問を受けました。
 これは、段位の認定の際の大きなポイントですが、蕎麦は手早く打つという本来的な意味からも、大変大事なことです。
 時間短縮については、私も決して大きなことは言えませんが、以下のような考えで訓練を積んでいるところです。

[ 続きを読む ]

「そばもん」の教え

2013年07月24日 12:14

 「そばもん」という、蕎麦を題材にしたコミックがあります。
 仲間内にこのシリーズを持っていいる方がいましたので、お借りして纏めて読ませてもらいました。
 蕎麦にまつわる薀蓄などを漫画にしてわかりやすく描いてあってなかなか参考になりました。
[ 続きを読む ]

そばの香りとは?

2012年07月21日 11:56

 前回の記事では、そばは、姿・形だけではなく、香りが大事な要素であり、それを生かすための打ち方も工夫しなければならない(かもしれない)、ということを書きました。
 で、その香りとは何か。
 そこら辺から整理をしてみました。
[ 続きを読む ]

「素人」か「アマチュア」か(2)

2010年12月17日 22:17

 前に、 「『素人』か『アマチュア』か」という記事を書きました。
 趣旨は、「素人そば打ち‥」というと技能未熟者と呼ばれているような気になるが、「素人そば打ち大会」などと言う場合の素人とは非職業人のことであるから気にする必要はないし、ことさらに英語に言い換えようとするのは不適当だ、というものでした。
[ 続きを読む ]

水回し、練り、切りのこと(段位大会の講評から)

2010年02月28日 22:37

 本日は「全麺協素人そば打ち段位認定埼玉大会(三段)」の2日目が行われました。例によって、作業員で参加しました。
 今回の合格率は約50%で、いつになく厳しい採点でしたが、この程度の厳しさが無くては、ありがたみも薄くなり、挑戦意欲も湧かず、合格の喜びや不合格の悔しさも感じにくくなるのではないか、と思います。
 審査員長は、上野「藪そば」三代当主鵜飼良平氏でしたが、最後の講評の中で次のようなお話がありました。
[ 続きを読む ]

「素人」か「アマチュア」か

2010年02月27日 22:00

 素人蕎麦打ち段位認定大会(三段)が当地で行われております。
 その模様については措きまして、今日は、タイトルの「素人」という言葉について考えてみたいと思います。
 「素人」という用語の、大会としての定義については、当然きちんとしたものがあるのですすが、ここで書くのはその語感から来ることについてです。
[ 続きを読む ]

蕎麦を打つ目的

2010年02月10日 22:00

今日は稽古日でした。
 今夜も色々な話で盛り上がりましたが、段位認定制度との絡みで蕎麦を打つ目的についての話題がありました。
[ 続きを読む ]

段位認定大会の会場で考えたこと

2010年01月23日 21:44

 本日、全国素人蕎麦打ち段位認定(埼玉)大会が行われました。
 私は、作業員(良く言えば運営スタッフ)で参加しました。
 手の空いている時間に(といってもほとんど手が空いていましたが)必死で蕎麦と格闘している受験者の皆さんの姿を眺めながら、蕎麦打ちの技術についてぼんやりと考えました。
[ 続きを読む ]


最新記事